「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

トキムスビ日記

tokimusubi.exblog.jp

沖縄在住LIFE ARTIST 小嶋さちほのブログ

私が入った22日。被害は、局地的な感じで、会場の奄美パークのあたりは、テレビの報道とは、まったく違って
普通だった。祈りのために、場所が用意されているようなかんじだった。

22日のオープニングの日、グランマが来ないという、公式発表。

大雨の被害もあり、みんなの気持ちも大雨に。。。

大雨のなか、船ですでに到着している人たち。。。何年もにわたって、準備してきた人たち、

海外からもきているし、現地のスタッフは、雨の中ティピをたてている。

そのなかから、すでにエネルギーは集まっている、ということで

みんなでMeetingして、翌日のプログラム、火の儀式の段取りをきめる。

この状況から、みんなで一から創造してしていく。

私と一緒に奄美入りしていた、沖縄の女性裁判官、稲葉先生、赤湾の世直しの名護先生も

いたので、基調講演をしていただき、私の音楽など。。

もちろん火入れの儀式も。。。赤穂の普門寺から聖なる火もとどいている。

霧島にいらっしゃる普門寺の恵祐先生に火の儀式の段取りを電話で指導してもらう。

この状況だからこそ、供養も含め、祈りの儀式が必要だ。

23日になると、鶴寿賀師匠も奄美入りしてくださり、奄美、沖縄の神人も来てくださることになり、講演、祈り、音、舞いがそろった。

朝の祈りからはじまり、最初のプログラム、稲葉先生の講演はすごかった。

テーマは、<薬草と霊性>。植物とのコミュニケーションの話から、大麻やアヤワスカなどの向精神性植物の無害性を調査、発表。まさに植物と霊性について、タブーとされてきた
岩戸がひらいたかんじでした!
b0205936_20302873.jpg


午後は、火入れの儀式も素晴らしい祈りとなり

雨もそれほどつよくない。

朝には、虹もでたという。

その後、鶴師匠のアマミマイ、縄文の女、そして私の音楽で

最後は、みんなで波おどったり、みるく節で。みんな笑顔で、おどってひじょうに

めでたく、スタートできた!

ずぶぬれから、立ち上げたこの祈りの輪、最後は、バンザイ!で締めくくれた。

雨もやんで、満月も

そして、翌日24日は、聖なる立神岩にて、奄美、沖縄の神人とともに

みんなで奄美の神々に感謝。 世界の平安を祈る。



聖なる火は、みんなが交代で守り続けている。

すべてのことに、深い意味があり、気づきがある。

グランマたちが引き起こしたこの大きな恩寵に心から感謝

そして

25日、奄美に霧島からグランマの火が届いた。

キーパーから渡されたその白いビンを両手に抱くように持つと

ほんわりと暖かい。

その暖かさは、まるで地球のハートのようで、

持っているだけで、涙がこぼれた。

なにか、理由があって、霧島と奄美、ふたつに別れた火が、今ひとつに

合わさる時がきた。

火のキーパー達は、夜中もお家に帰らず、ずっと火のそばで守り続けている。

21日、びしょびしょになりながら、水のたまっていたファイヤープレイスから

水をかき出していた。そこに、美しい火が今は燃えている。

そして、キーパー達によって、霧島の火が合わされる。

灰をいれると、まるでハリーポッターの映画みたいに

火の上の空気がスパイラルに回り出した。

空気が灰を巻き上げ、粒子がスパイラルに回転しながら

上昇してゆくのをはっきりとみることができた。

まるで魔法!



分離していたものが、ひとつに。。。。
この火が教えてくれたことは深い。

琉球弧と薩摩、琉球王国と奄美。
飛行機でたった45分の、鹿児島と奄美の間に
みえない壁があり、
なぜかグランマは、そこを渡る事はなかった。

グランマたちが、奄美にこなかったことで
グランマ達の話を直接きくことはできなかったが、
奄美の人たちは、その教えをいきなり実践することになった。
この大変な非常時に、祈る、ことへの信頼を試された。
もちろん、被災地へのおにぎりの差し入れや、マッサージボランティア、
物理的サポートも出来る限り、やっていた。

このことは、とうとい宝の種となって
奄美の地に深くつながった。

26日、飛行機に乗る前に、最後の祈りにティピにいき
聖なる火に音魂をささげる。シヴァ、不動明王。。奄美の神々。。。
するとまた、どこからともなくスパイラルの風がおこり
ティピの上へと上昇していった。
[PR]
# by tokimusubi1226 | 2010-10-27 20:31
b0205936_2242159.jpg
今、なんと、南城市長から,電話があり、伊勢の神嘗祭、初穂祭に、
私たちの育てた玉城のお米を奉納してきてくださったそう!
感動!

 と、いうのも、玉城は、沖縄のお米の発祥地であったが、戦後は,経済政策のために
すべてサトウキビとなり、子供達の体験用の田んぼと、神様の田んぼがあるのみで
稲作は、無くなってしまっていた。

 しかし、玉城の受水走水(稲の発祥地といわれる場所)とか、垣の花の湧き水にいくたびに、
いつか、玉城に稲作が復活したら、きっと何かが変わる!と感じていて、
その日を夢のように、待っていた。

今年の旧正月に、稲の復活を受水走水で祈願し、旧正月あとの午の日に、
神様の田んぼの田植えの神事をみにいった。
そしてその夜におこなわれたミントン城でのアマミキヨのお面の奉納神事で
役場の方、ミントンの方と繋がる事が出来た。

次の満月、八角堂の瞑想会に埼玉から参加した人が、
<お父さんの田んぼの種もみがあまったから。。。>といって
伊勢光というお米の種を送って下さった!
普通に流通していない原種に近い、伊勢の献上米だ。

せっかくの種をカビさせてはならないので、田んぼをさがした。
役場の方や、ミントンの方、柿の花でクレソンつくってる方、
いろんな人のご協力で縁が縁を生み、
美しい、湧き水で、久高をみわたせる、素晴らしいところに
田んぼがかりられた。

田んぼをたがやして、種をまいて、田植えをして
あっというまに黄金色の収穫!

ついに。。なんだか楽〜〜〜に、
いろいろな方のご強力により、
玉城に稲が復活したのだった。。。

そして、その初穂が、市長室にかざられ、
ちょうどスピリチャルツーリズムの会議で伊勢に運ばれ、
市長が伊勢に奉納。。。という流れとなった。

伊勢生まれ、玉城の水で育ったお米が、伊勢の神様のところに
帰ったのだ。そして伊勢の神様に捧げられた。

なんという素晴らしい人々の心
なんという、素晴らしき神々お導き
なんという完璧な宇宙のしくみ

アマノ米<アマノマイ>おめでとう〜〜!
八坂弥栄!
[PR]
# by tokimusubi1226 | 2010-10-19 22:32
b0205936_11421751.jpg
11年間続いて来た伝説のPARTY<HAPPY FLOWER BEACH PARTY>が、会場の名護ヘヴンビーチ
埋め立てのため、終了しました。12年目にあたる今年は、南部に帰って、新しい次元の種をまく
HAPPY FLOWER SEED PARTYへ。。。

 みんなで次のPARTYの種<vision>を創造しましょう!
 テーマは、<地球の上に生きる>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<HAPPY FLOWER SEED PARTY>10/29〜11/1

 〜 金星結びの日に幸せの花の種を蒔く〜



10月29日、この日に地球と金星が会合します。
金星は、愛と美と芸術の星、ヴィーナス、女神の星です。
地球と金星は、8年間に5回、会合しますが、その星の軌道を線で結ぶと
なんと正確な五茫星となるのです。
そして、この日は、その五茫星のひとつの頂点の日となります。

金星の愛と美の意識は、地球と美しい星形のハーモニーを奏でているのです。

この日を境に、意識や心を顕す金星は、宵の明星から明けの明星となり
夕暮れの過去から、明け方の未来の方向へ。。。。

金星は、再生し、生まれ変わり、ビーナス誕生の瞬間です。

この素晴らしい日に、<地球の上に生きる>の著者アリシア ベイ ローレルさんを
迎え、地球とともに幸せに暮らしていく智慧をわかちあいます。

10/29(金)金星夜会 午後6時〜 浜辺の茶屋 海上ステージにて

        LIVE ☆アリシア ベイ ローレル(弾き語り)
           ☆ラキタ(弾き語り)
           ☆小嶋さちほ(ライア演奏)
           ☆ラビラビ(人力トランス)
           ☆八重山 民謡(三線)

   そして最後は,spesial 金星session time!!何が飛び出すかお楽しみ!

       参加費 2500円 (1ドリンク付き)雨天は、八角堂にて

 手作り品などの出店も、募集中です。浜辺にちいさな市が出現!

(今年は,camp inは、ありません)

☆10/30〜11/1 アリシア/小嶋さちほWORKSHOP

☆世界的なartistであるアリシアさんのART WORK SHOP
<My 神殿をつくる>
 小嶋さちほの音魂瞑想、呼吸法などを中心に、2泊3日で自らの創造性を開いてゆく
 愛と芸術のまさに<金星>的なworkshopです。
 そして、最終日は、まさに<地球の上に生きる>を体感する<田植え>体験で
 しっかり地面にグラウンディングします。
 隕石鎮まる八角堂にて、海をみながらアリシアさんと暮らし、創造する3日間です。

 2泊3日 参加費33000円(すべてのwork代、宿泊、朝食つき)

 宿泊なしのART WORKのみの部分参加も受け付けます。
 2日間 10000円 
[PR]
# by tokimusubi1226 | 2010-10-07 11:38
18日の八角堂での非公式のおばあちゃん会議で幕をあけた
<13人のグランドマザー>のおおきな流れ。

3年前、初めてクララがこの企画をもってやってきたのも八角堂だった。
そして、またここからこの流れがはじまったことに
深い意味と縁をかんじる。

奄美から神歌の朝崎さん、西表から染織家の石垣さんはじめ、
沖縄の神人、アーティスト、おばあちゃんたちが八角堂に大集合した。
東京から、鶴寿賀師匠も駆けつけて下さった。

こんなことは、初めてで、こんな方々が一堂に会して話し合いが行われた,と言う事が、すでに意味深い。

八角堂は、こんなことのために宇宙が顕した建物なのかもしれない。
ぜんぜん、こんなことになるとはおもっていなかったが、
どたんばで、自然に、ここで行われる事になったのだ。。。

翌日、琉球、富士、奄美と13人のグランドマザーの祈りを
つなげるための水を汲みに行く。
実は、連日のオーバーワークで、水取りは、参加するつもりはなかったが
午前中、急に、ある隠された神聖な泉のvisionがきて
クララが水を組みに行くのなら、そこに案内しなければ、
と感じて、すぐに車をとばした。

案の定、隠された泉は、あまりにも神聖で。。。
私が泉の女神様にクララを紹介すると
クララはすぐ激しいトランス状態に。。



鶴師匠とともに、3人で祈る



クララについてきたブラジルの海の底の女神と
琉球の隠された古い泉の女神との結びがおこなわれたようだ。

クララによると、白い衣に、赤い飾りをつけた女神様があらわれたそうだ。
あまりにすごいエネルギーで、クララは、しばらく自分に戻る事が
できないほどだった。

そのあと、きよらかな水を浴び、琉球のおばあちゃん会議代1回目が
始まった。

b0205936_1355868.jpg

おばあちゃんの話。おばあちゃん達が語る自分のおばあちゃんから
おそわった生活の知恵。一挙に3世代分くらい
過去の時間がよみがえる。
江戸時代くらいまで、平気でさかのぼってしまう。凄い。。。

生活そのものが、祈りであった頃。。。。

そんな生活を取り戻していきたい、と感じた。
やはり、ほんとうの祈りは、特別なことではなく、毎日の生活の中に
息づいているものなんだ。。。
[PR]
# by tokimusubi1226 | 2010-09-22 13:55
きのうの八角堂での音魂瞑想は、素晴らしかった!
美しきハーモニー。まさに金星のエネルギー!
金星が、ヤバいくらいに輝いて、八角堂のテラスからよく見えた。
ターラ、イシュタル。。。次元間を自由に行き来する女神たちは
この星からやってきた。

いつものメンバー、懐かしいメンバー、新しいメンバー。。。。
稲の実りや、シヴァ神の化身といわれる聖なるハーブ、トゥルシーの苗を
うえることになったり。。。すごく大地にグラウンディングすることと
天界的なmessageが、両方同時進行している。天地がつながるって、
現実的には、こういうことかも。。。

きのうの新月で、また新しい月のサイクルがはじまり、
さらに重用9/9で、ククリを迎えた。9は、完了。
開智くんのヘリオスからも
<古い流れをしめくくり、新しい流れをうけいれる準備をしましょう>
というmessageがきていた。

その開智くんから、昨日の朝telがあって、12/25〜26にかけて
京都〜琵琶湖方面で、素晴らしい会合がありそうです。
ワクワク感がすでに。。。。

もうひとつ、なんだか胸にキュ〜〜ンとひびいたこと。。。

 角川書店の<虹をみたかい>の編集者から,
ラキタのツィッターを見て、すごく泣きましたというmail
 そのツィッターの内容が、これです。

Laquitan

『虹を見たかい』(ちーこ著)をやっと読んだ。涙すげー出た。文字が記憶を呼び起こしてはっきりとした映像になるから、やっぱり刺激が強い!その分、一字一句大切に読めた。なんか母親の頭の中を覗けてかなりラッキーな感じ。http://qurl.com/htjp4 約12時間前 webから


私もなんだか涙でてきた。あの時間を共有したということが、また深く思い出されて。そして、また悲しい記憶を呼び起こさせてしまったという
ちょっとゴメンネな気持ち。でも今の私たちは、幸せで、どんとから
ミラクル爆弾みたいなプレゼントいっぱいきてるのを彼も
十分わかってるから。。。結局ラッキーでおわってるし。。
大切に読んでくれてありがとう!

<虹をみたかい>の反響も、とどいています。みなさん本当に
大切に読んでくれて、深く響いてくれて、ありがとう!

明日から、東京〜神奈川〜阿蘇の旅。
明日の代々木上原で、クンダリーニyogaと瞑想で、しっかり整えて、
BABAJIの火の儀式に同行。ババジと長い間一緒にすごしたカルクさん、
太母さんとババジ、グルがかさなっている原田さんたちとの
祈りと浄化の旅!楽しみ!!


 〜〜〜 ☆ 秋の予定です ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆9/10 東京 代々木上原 クンダリーニyogaと音魂瞑想

  http://mixi.jp/view_event.pl?id=55931801&comm_id=217035

☆9/11〜14 神奈川、阿蘇にてBABAJI 火の儀式 参加
  
  http://mixi.jp/view_event.pl?id=55998835&comm_id=217035

☆9/27〜30 アマノマイ伝授会@八角堂

   http://mixi.jp/view_event.pl?id=56048143&comm_id=217035

☆10/9〜11 101010(2010年10月10日)戸隠

  アマノマイ奉納@数霊eventと飯綱山登拝

http://mixi.jp/view_event.pl?id=56104585&comm_id=217035

☆10/30〜31 <地球の上に生きる>アリシア ベイローレルさんと
          八角堂に宿泊しての聖地巡礼と神殿作りART WORKSHOP
[PR]
# by tokimusubi1226 | 2010-09-09 15:33