「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

トキムスビ日記

tokimusubi.exblog.jp

沖縄在住LIFE ARTIST 小嶋さちほのブログ

5/17ウエサク満月音魂瞑想work

5月の満月は、ブッダが、誕生、覚醒、入滅したとされるパワフルなエネルギーの満月で
この日は、金星のサナートクマラ、観音など、アセンデッドマスターの覚醒のエネルギーが降り注ぐ、といわれています。

 チベットの奥地で秘儀がおこなわれ、日本でも金星のサナートクマラを祭る鞍馬寺にて
一晩中セレモニーが行われます。去年、そこに参加いたしましたので、今年は八角堂にて、そこに意識を会わせてウエサクのセレモニーをおこないます。

 この時期、ひとりひとりの浄化と癒し、そして日本、地球、宇宙への祈りをおこないます。聖なる水に満月のエネルギーをうつし、わかちあいます。
宇宙の中心インドのヘラカンで、行われた聖なる火の儀式のヴィヴーティ、13人のグランドマザー会議での火の儀式のヴィヴーティ(奄美と霧島をあわせたもの)も、
その水とともにshareする予定です。

5/17 (火) 

 午後6時〜 体ほぐしのためのクンダリーニyoga (1000円)

7時 瞑想開始 (8時9分満月時間)

   参加費 3000円(セレモニー後、お茶、果物、お菓子などで直会)

  ☆晴れていれば、満月が中天に昇ると八角堂の天窓より月光が降り注ぎます。
   夜中になりますので、これを経験したいかたは、宿泊も可。(1泊3000円)


 <参考> 鞍馬寺のウエサク祭り〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ウエサク祭・五月満月祭とは
ウエサク祭とは鞍馬寺にて行われる秘儀です

五月の満月には天界と地上の間に通路が開け、
ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。

この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、
ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、
自分とすべてのものの「めざめ」のため熱い祈りを捧げるのが、
光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエクサ祭)」である。

祭典は三部に分かれ、

第一部は「きよめ」の祈りで、
祭典に集う人々は、まず自己と場の清浄のために魔王尊を讃仰する。
月が天頂に近づく頃、
ひとりひとりが持つ純粋無垢な心の象徴の「心のともし灯」に灯が点される。
祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げる。

次にともし灯を高く掲げて、
真実に生きぬくための強い力を与え給えと「お力の宝棒」の加持を受け、
月光のふりそそがれた明水をわかち頂き、慈愛のみ恵みを心に満たす。

そして第二部では、
月光を受けながら大地に腰をおろし静かに「はげみ」の瞑想を行い、

夜明けの近い第三部には、
智慧の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が天を衝いて上がる。
最後に全員で「心の書」を唱え魂の夜明けを迎える。

※ウエクサ祭で案内所で頂いた「五月満月祭」から引用しました。
b0205936_23424366.jpg

[PR]
by tokimusubi1226 | 2011-05-11 23:44